りすぐだ2

更新したりしなかったりします

赤単GGGについて思うこと

たまには真面目に使用デッキについて論じてみようと思います。最近のデュエマを知らない人にも分かるように書きますのでご安心を。

 

f:id:risoron_dayo:20181030004538j:image

 

フォロワーのDMPはご存知の通り、僕は2017年春の新章開幕以降ずっと赤単ビートジョッキーを握り続けています。以前まぐれでCS優勝した時に使っていたのは赤単tクロックの罰怒ブランドが中心のデッキでしたが、その後轟轟轟ブランドが登場してからは肉汁ブランドをメインに据えた更に速いデッキを使うようになりました。何を言ってるか分からない人も僕が速攻以外何も考えてない脳筋デッキを好んでいるということだけ分かって頂ければ大丈夫です。

本題に移りましょう。最近赤単GGGを使っていて思うこと、それは

『勝てない』

です。

 

サッヴァーク†LEGGENDARIAの登場で純粋に相性の悪い相手が増えたのはありますが、それを差し引いても最近あまりにも勝率が芳しくありません。何回か参加した店舗予選でもに全敗する等明らかに以前は勝てた相手に勝てなくなっているのは、単に環境が変化したからでは片付けられない問題でしょう。そもそも同じような構築の方がそれなりの割合で優勝・入賞している以上構築や環境は言い訳になりませんし、赤単GGGにはプレイングもクソも無いのでこれも原因とは考えられません。

 

それ以外で考えられる原因…それは1つしかないでしょう。

 

じゃんけんに負けている

 

これです。

当然のことですが速攻デッキを使う以上、先攻を取れるか否かは死活問題です。デュエル・マスターズではじゃんけんに勝ったプレーヤーが問答無用で先攻なので、ありとあらゆる手を使ってでもじゃんけんに勝って勝率を上げなければなりません。もし真のデュエルならばじゃんけんの負けは即ち生命の危機に直結する訳ですから、じゃんけんに真剣になるのは至極当然と言えます。

しかし僕はここ最近あまりじゃんけんに勝てておらず、轟轟轟で走る前にグリギャンからの卍降臨を許すこともザラにあるのが現状です。

対策を考えていない訳ではありません。僕にはGP7thの時から使い続けているじゃんけん必勝法というものがあるので紹介します。

 

①じゃんけん時、勢いをつけて手を出す闘志に溢れてそうなプレーヤーはグーを出す傾向があるのでパーで倒す。

②逆に闘志に溢れてなさそうなプレーヤーは①で示したようなプレーヤーを倒すために本能的にパーを出す傾向がある。チョキで倒す。

③どちらとも言えない時は間をとってグーを出してみる。

④あいこ時は相手の闘志の変化で判断する。(1度目より闘志が上がっている相手にはパーを出す等)

 

世の中を舐め腐っているのかと問われれば「はいそうです」と正直に答えざるを得ないのですが、実際僕はこのやり方で5割程度の勝率を確保してきました。本来の僕の実力では勝率3割が関の山なので、この方法で2割も勝率が上がったことになります。元から8割の勝率を保てるじゃんけん強者なら10割になる為、文字通り必勝法ですね。

とは言ってもこの方法を使ってもあまり勝てないのですから、僕の本来の実力が低下して3割の勝率すら確保できなくなっていることは間違いないでしょう。他の対策も考える必要があります。

プレーヤーの素質に縛られないじゃんけん必勝法を考えた方が良さそうです。もういっそ対戦相手を路地裏で殴り倒して不戦勝を………ん?

 

殴り倒す………拳で………

 

あ!!!!!

 

f:id:risoron_dayo:20181029000935p:image

こいつだ!!!!!!!!

 

デシブコの持つ『各ターンに一度、ジャンケンで負ける時、代わりに勝ったことにしてもよい。』という能力を使えば試合開始前のじゃんけんで負けても代わりに勝つことが可能な訳です。先攻を決める時点ではゲームが始まってないからそれはターンとは呼ばないのではないか、という言いがかりをつけられる可能性はありますが、今のゲーム準備はどちらのターンでもない0ターン目だと言い張ることで対処しましょう。それでもごねられたら拳で解決です。

これだけの簡単な方法であるにも関わらずそれを実行したプレーヤーがいないのは、やはり実現が難しいからでしょう。確かにゲーム開始前のバトルゾーンに13コストのゼニスを堂々と用意すれば、相手に反則を指摘され、ジャッジに【失格】を告げられ、タカラトミーから12ヶ月間のランキング停止処分を頂戴することは避けられません。

 

しかし赤単GGGでもっと勝つという目的を果たす為にもここで退く訳にはいきません。本当にデシブコを用意するのは不可能なのか考えている内に2つの案が浮かんできました。

 

①手品を使う

要は対戦相手に反則を指摘されなければいい訳です。例えば相手がデシブコ以外の何かに気を取られている内にじゃんけんまで済ませてしまえばもう先攻は取れている訳ですから、どうにか気を逸らすことさえできれば目的達成は容易かと思われます。しかし相手も一流デュエリスト、そう簡単にカードから意識を逸らしてはくれないと考えるべきです。

そこで手品を使い、デシブコを華麗にバトルゾーンに出現させます。

f:id:risoron_dayo:20181029235750p:image

すると相手はカードが突然出現した驚きのあまり、それが反則であることを忘れてしまうでしょう。相手がカードゲーマーだからこそカードを使って意識を逸らす…間違いなく有効です。

 

②ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックを使う

ドアインザなんとかを知らない人は各自で調べて下さい。これも①と同じく相手の指摘を受けないことに重点を置いた方法です。

要はバトルゾーンに前もってデシブコよりも強いクリーチャーを用意しておき、相手の指摘を受けた上でそれをデシブコに入れ替えれば相手は「まあデシブコならいっか」と容認してしまい反則を見逃してしまうという寸法です。

では用意しておくデシブコより強いクリーチャーとして相応しいのはどのカードなのか。当然デシブコ以上のコスト、デシブコとはスケールが違うパワーを持っていなければドアインザフェイスが成り立たちません。ついでにデシブコと同じ非進化の通常クリーチャーが望ましいでしょう(禁断クリーチャーは色々とややこしいので)。

非進化の通常クリーチャーで一番高いパワーを誇るカードと言えば…

 

f:id:risoron_dayo:20181030001532j:image

 

そう、《トランプ・だいとうりょう》です。

 

13コストというデシブコと同等の重さでありながらパワーはおよそ2.5倍でデシブコも持っていないワールド・ブレイカーまで装備している、正に最強のクリーチャー。奇しくもデシブコと同じく『ペリッ!! スペシャルだらけのミステリーパック』に収録されているクリーチャーです。

こんなスケール違いのクリーチャーを見た対戦相手は、直後にデシブコを見てもそれを脅威と認識することができないでしょう。じゃんけんの負けを勝ちに変える程度の能力なぞワールドブレイカーに比べれば生易しい、と。

 

以上を踏まえてレシピを考え直した結果がこちらです。

 

【赤単GGG withデシブコ】

"轟轟轟"ブランド ×4

"罰怒"ブランド x4

二クジール・ブッシャー x4

メガブースト・チュリス / 「ぶっ飛び特攻ッス!」 x2

グレイト"S-駆" x4

ミサイル"J-飛" x4

ホップ・チュリスx4

凶戦士ブレイズ・クロー x4

スチーム・ハエタタキ x4

爆殺!! 覇悪怒楽苦 x4

「拳」の頂 デシブコ・グーチーパ x1

トランプ・だいとうりょう x1

 

いい感じです。できれば今すぐにでもこのデッキを持ち込んでCSに臨みたいところですが生憎僕は金欠でミステリーパックが買えないので、とりあえず僕以外の赤単GGG使いの方は今すぐミステリーパックを買い占めにカードショップへ向かいましょう。そしてCSで使ってその感想等をコメントして貰えれば改良案を考えますのでドシドシ送って頂ければと思います。

 

 

〜最後に〜

こんなクソみたいな記事書いてるから勝てないんだよな