りすぐだ2

更新したりしなかったりします

BBQとハイボール【ちょい記事】

今回の記事は至って真面目な注意喚起です。

 

さっき高校の時の同級生達とBBQやってたんですよ、BBQ。んでお酒もまあまあ飲んだので酔いました。まだ酔ってます。

てか正直なんでバーベキューがBBQなのか釈然としませんよね。QはいいとしてBBで『バーベ』は無理があると思います。そんな横着が許されるならBabeL〜Next Story〜もBBLとか略していいですよね。普段はスケって呼ばれてますけど、全角2文字と半角3文字なら容量的にはBBLの方が有利です。

…あ、でもそれだとBBLシリーズの他三曲と区別がつかないですね。やっぱりスケの方がいいみたいです。じゃあバーベルのことはBBるって呼ぶことにします。それは文句無いですよね。

 

本題です。

BBQなんで当然屋外でやってたんですよ、屋外(屋内でBBQを敢行すると恐らく一酸化炭素中毒で死ぬ)。そんで僕の暮らしてる国では今日は夏らしい快晴だったのでまあまあ暑かったんですよね。

で、肉食ってたら当然お酒飲みたくなるじゃないですか。外で食べるお肉が久しぶりってこともあって調子乗って普段屋内で飲むのと同じようなペースでチューハイだのハイボールだのを流し込んじゃったんですけど、これが非常に良くなかった。飲んでから1〜2時間経って急に強烈な頭痛に襲われ、今度は自分の脳みそがBBQされてんのかという錯覚に陥りました。

その場にいた友人に頭痛薬を貰って冷房の効いた部屋で休んでいると頭痛は多少和らいだのですが、今度は先程摂取した牛肉が胃の中で嘆き苦しんでいるかのような吐き気が訪れます。相当なやつです。

体力が足りず吐くことも出来ずにしばらく苦しんだ後にようやく吐けたのですが、出てくるのは胃液ばかりで痛いのなんの。胃液を吐く羽目になったのは今年頭にタチの悪いウイルス性胃腸炎になった時以来です。

その後はひたすら水飲んで安静にしていると多少はマシになり、今は無事に帰宅まで漕ぎ着けました。あそこまで露骨な熱中症+悪酔いは二度と経験したくありません。

 

今日の記事で僕が伝えたいことは1つだけです。

BBQではいつも通り酒を飲まない方がいい

是非反面教師にして下さい。

 

今日は幸運にも優しい友人たちが周りにいたので色々と手間を焼いてくれましたが、もしこれが僕のことを全裸ダンサーとしか認識していない不届き者だったら今頃僕の腸はアルコール消毒されてホルモン焼きにされていたことでしょう。彼らには迷惑をかけたのでその内恩返しをしないといけませんね。

 

まだまだ夏は続きます。皆さんも屋内外問わず熱中症には十分気をつけましょう。

ではまた。

ギリギリ泣けるBEMANI曲

みなさんは最近泣きましたか?僕は涙脆いので毎日のようにバンカズのスマブラ参戦が決定して嬉し泣きする外人の動画を見てもらい泣きした日のことを思い出して涙を流しています。

f:id:risoron_dayo:20190807202237p:plain

 

さて、今回は泣ける曲の話です。一定以上の感受性を持つ人間なら曲を聴いて泣いたことぐらいはあると思いますので今回の記事の趣旨は大体分かるんじゃないでしょうか。分からない人はタンスの角に足の小指をぶつけても複雑骨折するまでは泣きません。

泣けるBEMANI曲を問われて思い浮かべる曲は千差万別、十人十色でしょうが僕の場合は断トツでこの曲です。

 

Show me your moves

f:id:risoron_dayo:20190815122601j:plain

公式によるとDDR2013~Aをコンセプトにした曲らしいですが、どこからどう聴いてもA要素がありません。個人的にこの曲はDDR2013,2014のエンディング曲だと思っています。オバピリは色々と強すぎてラスボス兼エンディングって呼ぶには無理があると思うんですよね。

この曲を聴いていると、自分以外誰もプレーしない筐体を眺めて「このままDDRが無くなってしまうんじゃないか」と不安に沈んだあの頃の感情と今の活気を比べて涙が出るくらい安心できます。「僕はここにいるから」という歌詞を筐体で初めて聞いた時はマジでプレー中に泣きました。

この曲を聴くと

f:id:risoron_dayo:20190815200139p:image

このくらい泣けます。ボロ泣きです。

 

 

 

こんな感じで泣けそうな曲を色々挙げていき、ギリギリ泣ける曲・泣けない曲を探っていこうかと思います。

次の曲はこちら。

 

夏色DIARY BisCoの思い出(>▽<)

f:id:risoron_dayo:20190815124344j:plain

今度は逆に悲しくて泣けるやつです。僕はそれほど真剣にビーストをやっていた訳では無いのですが、やはりオフラインですらプレーできなくなって完全に消滅したとなると別格の物悲しさがあります。この曲も全く移植されていない以上、プレーする手段はありません。悪いことすればできるらしいけど

曲自体も夏の終わりを楽しく、でも少し物悲し気に振り返る哀愁漂うもので、あまりにも切なさに溢れすぎています。ビースト稼働終了から2年が過ぎた今もこの曲を聴くと、

f:id:risoron_dayo:20190815200157p:image

このくらい泣けます。

 

 

 

他の人の意見も聞いてみたいと思ったので友人に泣けるBEMANI曲と言えば?と聞いたところこんな答えが返ってきました。

 

天空の華

f:id:risoron_dayo:20190815130316j:plain

偶然BEサマ曲が続きました。まあ夏ですからね、こんなこともあるでしょう。

とりあえずメロディーとジャケがめちゃんこエモいので泣き曲であることに疑いの余地は無いですね。曲コメントの『僕の夏、そして君の夏』ってのも夏休み感があっていい感じです。

もう少しイメージを膨らませられないものかと当時のBE生を視聴すると、TAGから「じゃあそこに出てくるセリフ(サヨナラ…)も生涯自分が言われてショックだったと…?」と質問を受けたU1が「たくさん言われたことあります!それはたくさん言われたことあります!笑」「数えらんないぐらい言われました」とイキっていたので出かけた涙が完全に引っ込みました。興味のある方は当時のアーカイブを見てみましょう、天空の華の話は20:20頃、問題のシーンは25:30頃からです。

とは言え曲そのものは非常に切ないので、背景を考えず曲だけに集中すると

f:id:risoron_dayo:20190815200212p:image

これくらい泣けました。

 

 

 

次も友人から回答して貰った曲です。

 

In The Breeze

f:id:risoron_dayo:20190815183053j:plain

まさかのBEサマ3連続です。やはり夏という季節には人を感傷的にさせる力があるのでしょうか。

個人的にこの曲はメロディーこそ切ないものの、これから始まる夏という最高の季節に思いを馳せ、青い空の下を駆け出すような気分にさせてくれる前向きな曲なので涙とはあまり縁が無いように感じます。In The Breeze聴きながら青い夏空の下を走るのが好きだって言うと大体「なんやこのガイジ」とか言われますし周りのオタク共の辛辣さと貧弱さに泣けそうです。

夏に外を散策すると

f:id:risoron_dayo:20190815200231j:image

こんな綺麗でエモい写真が撮れたりするので、皆さんも積極的に外に出て歩きましょう。

さて泣けるかどうかで言えば、これを書いてる時点で既に今年の夏が2/3程終わってしまった現実が悲しくて

f:id:risoron_dayo:20190815200247p:image

このくらい泣けました。

 

 

 

メロディーがエモいという方向でもう一曲いきましょう。

 

EGOISM 440

f:id:risoron_dayo:20190815190940j:plain

ご存じの方も多いと思いますけどエゴのメロディーってめちゃくちゃ切ないんですよね。プレー中は切なさとか物悲しさを感じる余裕は一切与えてくれませんが、サントラとかでじっくり聴くと低速とかで「エモ~~い」ってなります。

RDi当時のエゴで落ちて折角苦労して集めたオーブを没収された時のやるせなさ、エゴを超えたら超えたでわざわざカンペまで用意したのにピリオドの最後で落ちた悲しみ、何よりエゴCDPの登場でDP足19全制覇が一気に遠のいたあの時に絶望感を思うと

f:id:risoron_dayo:20190815200302p:image

 

 

 

……………

 

 

 

f:id:risoron_dayo:20190815200317p:image

 

 

 

…………………………

 

 

 

f:id:risoron_dayo:20190815200331j:image

 

 

 

………………………………………

 

 

 

f:id:risoron_dayo:20190815200344j:image

 

ダメでした。

 

 

 

結論:EGOISM 440はギリギリ泣けない

 

 

 

いい感じではあったんですけどね。涙が食道の辺りまではこみ上げてきたのであと少しで泣けていたんじゃないかと思います。

エゴCDPもDP皆伝も突破していない以上「泣くにはまだ早えぞ!」という気概が自分の中にあるようです。どうせ流すなら絶望より感動の涙の方がいいですからね。そう考えたらまだオバピリの方が泣けそうです。

とっととエゴでも泣けるようにもっとDDR上手くなっていきたいですね。頑張ります。

 

 

~~~~~~~~~~

 

 

僕の場合はこんな結果になりましたが、当然どんな曲がギリギリ泣ける/泣けないは人によって全然違ってくると思いますので皆さんも是非自分のギリギリ泣ける曲を顔芸付きで記事にしてみては如何でしょうか。

…お前のは顔芸ですらないとか正論は勘弁して下さい。ガチの泣き顔撮ろうとしたらアルストロメリアのジャケみたいな半目しか撮れなかったので早々に諦めました。

 

 

 

さて、こっからは今後の更新の話です。

開始直後から更新の雲行きが怪しくなっている【ちょい記事】についてはとりあえず隔週にすることにしました。あんまり低クオリティな記事を乱立させても仕方ないですからね。ちゃんと2週間かけてネタを探します。

ちょい記事以外の記事については案だけがポンポン湧いてくるんですけど、どれもこれも形にするのに手間がかかるので全部消化できるのはいつになるのやらって感じです。以前の記事で言ってた8月中に投稿できそうってやつは多分普通にやります。

 

そんな感じでも次回も程々にお楽しみにってことでお願いします。

ではまた。

ブログで紹介した催眠音声の作者さんと仲良くなってコミケで配布する無料作品の紹介をさせて貰えることになりました。追記で配布された作品のDLsite版のリンクも貼りました【番外編】

タイトルが長えんだよ。てな訳で今回は番外編です。

f:id:risoron_dayo:20190809004321j:image

使用許可が下りたのでこのブログにあるまじきくっそ可愛いイラストも貼っておきます。使えるもんは使っていけの精神。

 

【追記1】この記事で紹介した作品は現在DLsiteで購入可能です。下の方にリンクを貼ったのでそちらからどうぞ!

 

割とタイトルまんまなんですけどね。経緯を説明すると長くなるので後日ちょい記事で書いちまおうかと考えてます。

とりあえず今回は夏コミ4日目西F11b mosquite cockさん(@Yz_tkb)にて無料で配布される音声作品の紹介です。

 

今回は3種類の無料作品の内の1つ、ピンクちゃんの部分をコミケに先立って特別に聴かせて頂きましたのでその感想です。※個人の感想ですってやつです。

ちなみにmosquite cockさんの作品は基本的にストーリーが独立してるので過去作含め、どれから聴いても大丈夫です。みんなに優しい仕様。

 

さて、ようやく本題です。

 

 

今回の作品のテーマは"寝落ち通話"だそうです。健全なやつです。

唐突ですが皆さんは恋人との寝落ち通話ってやったことありますか?

 

え、ある?あるなら話は早いです。それをめちゃくちゃあまーくした感じの音声です。寝ないといけないのは分かってるし、なんとなーく眠いんだけどまだ話していたい。まだ声を聞いていたい。話題なんてろくに無いしさっきから同じようなことばっか話してるような気がするけど、それでも構わない。そういった感覚をいつでもどこでも味わえる素敵な作品です。

・・・いつでもどこでもは不味いですね。車の運転中には聴かない方がいいと思います(当たり前)。

 

「ねえよそんな経験!ふざけんな!!死ね、この露出狂!!」という方もご安心下さい。この作品はそういった経験がある人に説明しやすいというだけで、むしろそういう経験が無い方こそ楽しめるものなんです。

まずこのピンクちゃんのキャラが非常にいいんですね。この手の作品にはそのキャラが自分の恋人であると思い込むことでより癒されるものが多数存在しますが、ピンクちゃんはいい感じにその心地よい思い込みにこちらを落としてくれます。話し方、甘え方、拗ね方とどれをとってもずっと前から自分と一緒にいることが当たり前としか思えない接し方をしてくれるので、こちらもすぐに「まったくこいつは・・・」と自然に彼氏面すること請け合いです。

いやマジでいつの間にか彼氏になってるんですよね。僕の場合途中でピンクちゃんと通話している感覚が最高になって、気が付いたら彼女と会話してました。そこで感じたのは大切な人と繋がっている安心感と充足感、でしょうか。この多幸感は隣の部屋の妹に「うるさい!」と怒鳴り込まれた上に自室に出没したGを見るような嫌悪感を孕んだ目で睨まれるまで続きました。

 

ここまでの内容をまとめるなら、とろーんといい感じに安心を与えてくれるいい作品といったとこですかね。自分がどう感じるかは実際自分の耳で確かめてみて下さい。

 

 

さて、そんな素敵な作品が冒頭でも書いた通り無料で配布されます。重要な部分なので何度でも強調します。無料です。

もちろんmosquite cockさんは今回無料の作品しか用意してない、なんてことはなく、どやばそうな新作もあるようです。お品書きの画像をお借りしてきました。

f:id:risoron_dayo:20190809004338j:image

f:id:risoron_dayo:20190809004347p:image

目玉となるのはやはり催眠音声の新作ですね。さっき紹介したピンクちゃんがえっちな催眠を仕掛けてくるみたいです。無料配布のやつは健全 of 健全って感じのあまーいやつですがこちらは甘いのはもちろんのこと、えっちな方向でもすごいことになってるらしいので現地に行ける人はとりあえずどんなもんか手に取って確かめてみては如何でしょうか。

てか現地限定でアクキーついてくるのやばくない?普通に欲しいんだけど。神戸から東京まで往復5000円ぐらいで行けるなら迷わず自分で突撃するんだけどなあ・・・

サークル主さんは

 とツイートされているので現地へ行ける方は僕の代わりに行って下さい。4日目西F11bですよ!お間違えの無いようお気をつけ下さい。

無料だけでもいいとかそんな「身体だけの関係でいいから!」みたいな姿勢で大丈夫なのかと心配になりますが、本人がいいって言ってんだからいいんでしょうし今の例えは不適切なんだと思います。めんごです。

 

 

 

 

はい、そんな訳でコミケ4日目の宣伝でした。

・・・日付変わってるから今日が1日目なのか。コミケ始まってんじゃん。

 

 

 

【追記2】

コミケも終わり、こちらの催眠音声もDLsiteでの販売が始まったので僕みたいなコミケに行けなかった地方民はここから買いましょう。

まずはこちら、催眠音声の方から。

www.dlsite.com

8/20までなら10%OFFセールもやってます!次のセールがいつになるかは分かりませんが今のセールにはまだ間に合います。今お開きのそのブラウザーを閉じるまでに買いましょう。

 

 

次はこの記事で紹介したコミケにて無料で配布されていた作品の方です。

www.dlsite.com

流石にDLsite版まで無料という訳にはいきませんが、それでもお値段たったの108円です。

つまりおおよそ音ゲー1クレ分ですが、音ゲーは1クレが10~15分で終わるのに対しこちらは15分オーバーのくそかわボイスが3本入っています。しかも一度買えば何度でも聴き放題です。フリプです。日常的に100円4クレで音ゲーをやってる人は知りませんが、100円2クレで満足しているそこのあなたはこちらにも手を出していきましょう。

コミケ会場で入手できた人達はきっと、その場の熱気とか現物のCDとか色々得られるものがあったんじゃないかと思います。現地へ行けなかったのは残念ですが、しかし我ら在宅組には

・暑い中外に出ずともクーラーの効いた部屋で入手可能

・短時間で購入可能

・108円さえ出せば交通費等を一切支払わずに済む

・なんなら外に出て自販機で飲み物買うより安い

という強みがあります。胸を張って上記リンクを踏みましょう。ちなみに僕の場合、

f:id:risoron_dayo:20190818185432p:image

f:id:risoron_dayo:20190818185441p:image

会場までの交通費だけでも15,840円かかるらしいので108円という価格は99.3%OFFに相当します。お得なんてもんじゃありません。 それでも行ってみたいは思うけども。

 

お金の話ばっかりしちゃいましたが、もちろん中身もめちゃんこぐれーとでした。

3本中ピンクちゃん以外の2本もようやく聴けたのですが、どちらも強かったですね。ボブっこちゃんパートはあぁ^~ってピンクちゃんのと同じような気持ちで聴いてたんですけど、同じノリで茶髪ちゃんパート聴いたらビビりました。え、そういう感じ!?って、ええ。どっちがいいとか悪いとかじゃなくて方向性の違いみたいなもんなんでどういう意味かは自分の耳で確かめてみて下さい。真剣なレビューを書ける程の脳細胞残ってないので。

もしこの作品の良さを詳しく教えてくれって人がいたら後で個別に聞きに来てください。リプでもDMでも電話でも直接でも構いません 、何度でも説明します。

 

 

 

あ、この作品に限らずしっかり感想書いて欲しいって作品あるがもし人いたら教えて下さいね。そういう記事も定期的に書きたいなーとは思ってますので。

 

じゃあそんな感じで。

お願いします。

【追記ここまで】

資格勉強中に印象に残った語呂合わせベスト3【ちょい記事】

タイトルのまんまです。危険物取扱者の勉強してた時にはもちろん参考書に書いてた語呂合わせを真剣に覚えたのですが、合格後は何もやってないので大半の記憶が抜け落ちました。

そんな中でもなんとなく頭に残っている語呂合わせがいくつかあるので紹介します。"音"と"リズム"で覚えるって大切ですよね。

なお、記憶が曖昧な上に肝心の参考書は友人に絶賛貸し出し中なので間違い等があるかもしれません。今から勉強するという方は気をつけて下さいね。責任は取れませんので。

 

では早速第3位から発表していきましょう。

 

 

第3位

『ゴツいよ銭湯風呂満杯』

 

これは引火性液体の指定数量の覚え方ですね。特殊引火物、第1石油類、アルコール類、第2石油類、第3石油類、第4石油類、動植物油の順にご(50) つ(200) い よ(400) せん(1000) とう ふ(2000) ろ(6000) まん(10000)ぱい、というシンプルな語呂合わせです。覚えやすいしユーモアもある、理想的な語呂合わせと言えるでしょう。

 

 

第2位

『さあ!黒い時計武器!!』

 

これは引火性液体の内、第2石油類に該当する物質の覚え方だったと思います。何処となく中二臭くて好きだったので印象に残ってました。

時計の武器と言えばDグレにそんな武器使うお姉さんがいたような記憶がぼんやりとあるんですけど、如何せん最後にDグレ読んだのが10年以上前なんでよく覚えてません。てかまだ続いてるんですかあの漫画。

 

 

第1位

『苺パンツのイカしたイチロー

 

最早なんの語呂合わせだったかすら思い出せません。苺パンツってそれもうオダノブじゃね?って感じだし多分ごっちゃになってます。

イチロー並みにイカした人なら苺パンツを履いててもカッコよくキメちゃいそうですよね。ほぼイキかけてもイケメンになるぐらいですし。

 

 

 

以上、個人的に気に入ってる語呂合わせでした。今回紹介した語呂合わせはこちらの参考書に掲載されているものです。

わかりやすい! 甲種危険物取扱者試験 (国家・資格試験シリーズ103)

わかりやすい! 甲種危険物取扱者試験 (国家・資格試験シリーズ103)

 

レイアウトや図解が非常に分かりやすい良い本だと思うので危険物取扱者取りたい方には激しくオススメです(ダイマ)

この参考書そのものの話もその内したいですね。

 

 

ではまた。

ちょい記事、始めます

こんばんは、この季節は蚊に噛まれるまでもなくちんぽやその周辺が痒くなるりすろんです。丁寧に洗ってはいるんですけど汗ばむ季節ですし仕方ないですかね。

 

さてさて。ここ最近考えてることがありまして。

最近に限った話では無いんですけど、このブログって更新が異様に遅いんですよね。単にネタが思い付かなかったり他のことを優先してたり文章考えるのが面倒になってたりと理由はその時々なんですけど、とにかく記事の数が少ない訳で。

折角ブログやってるんだし定期的に面白いことを考えてそれを形にする習慣をつけときたいなーという思いもありまして、週一ぐらいでちょこっとした短い記事を書こうと思い立った次第です。

内容は特に決めてませんしそもそもちゃんとやってけるのかも含めて全くの未定ですけど、とりあえず来週の土曜辺りから公開していくつもりなんで程々にご期待頂ければと思います。

 

早いとこ長い記事も更新したいんですけどね。一先ず今日は何一つ考えてないのでオチも何もなくこの辺で。

ではまた。

my moves

ダラダラしてたらパラレボCDPをクリアしてから1ヶ月以上経ってしまいました。

パラレボは僕にとって特別な曲です。今更ではありますけれども、今回ばかりは普段書かないような自分語りポエムを綴ってもいいんじゃないかなと思っています。興味のある方はお付き合い下さい。

 

今回は真面目ですよ!オナニーの話は無いからね!!マジで無いよ!!!フリじゃないからね!!!!

 

f:id:risoron_dayo:20190715084514j:image

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

高校2年の冬、2013年の2月にとある動画でたまたまPOSSESSIONを聞いたことがキッカケでDDRにどハマりした。世の中にはこんなにもカッコいい曲があるのかと感動し、その曲について調べる内にそれがダンスダンスレボリューションに入っている哲学とすら呼ばれる超高難易度曲だと知った。

 

当時の僕は太鼓の達人に満足し、jubeatiidxに手を出し始めていた。少しずつ好きなコナオリ曲が増えてきた時期だったこともあってDDRに馴染むのは早かった。やっぱり知ってる曲がある程度ないと音ゲーは続かない。

高校生の頃は今以上に金欠に苦しんでいたので徹底的に譜面動画を見てイメージトレーニングをしてからプレーすることが多かった。これはより少ないプレー回数で成果を出す良い方法だったので今でも続けている。そしてDDRを始めた直後によく見ていたのはPOSSESSION SP踊だった。DDRを始めた直後の初心者には少し難しい譜面だ。

SP楽はDDRを始めた翌日にあっさりクリア出来たので踊も大したことはない無いだろうと少し舐めていたが、このゲームはそこまで甘くはなかった。この辺りから体力という要素の重大さを痛感するようになり、結局SP踊をクリアするのには2週間程かかった上に曲が終わった後は息も絶え絶えになっていた。

それでも苦しんで足を動かし続けた先にある""クリア""を掴み取る喜びはこの時ハッキリと分かった。そしてこの楽しさを追い続けたいと思うようになった。やはりPOSSESSIONは偉大だ。

 

DDRを始めてからDDRの曲について色々と調べた。有名どころは一通り抑えたが、PARANOiAやMAXシリーズ、Replicant D-action曲といった象徴的なボス曲は特に印象に残った。

その中でも特に異彩を放っていたのは、やはりPARANOiA Revolutionだった。

 

当時、パラレボCDPのクリア者は世界に2人しかいなかった。次元が違う。音ゲー全体を見渡しても通常ゲージでクリアするのがここまで難しい曲は他に無い、と興奮したのを今でも覚えている。

その後、少しずつ突破者は増えていったものの哲学とパラレボCDPの間に存在する高い高い壁は素人目に見ても明らかで、その壁を自分が超えるビジョンはあまり見えていなかった。哲学を抜けるまでDDRを続けるという固い意志は既にあったものの、その後さらに先へ進み続ける意欲が残る気がしなかったのだ。

 

それでも先の先まで辿り着きたいという願望自体はあった。既に削除した高校時代のブログ(りす☆ぐだという今よりも酷い名前だった)に「生きてる内にDP足19を全部クリアします!!」と書き込んだ記憶がしっかりとある。その直後に「いやー言っちゃいました^^;」とも書いたし、その無駄な一文で堂々とした決意表明も台無しだなと今では思う。

まあなんせ自信は無くともやる気はあった訳だ。

 

そこから先はひたすら高難易度に特攻する日々だった。スコア力接続力は後からでも身につけられるとクリアにこだわり続けたが、今の自分を見たところ結果としてその思考は大幅には間違っていなかったようだ。よかった。

先述の通り譜面動画とにらめっこしてSPだと足15のヨロロを、足16の愛無双を、足17の激ポゼを、足18のヴァル激を、DPでは足15のアナフェ激を、足16のArrabbiataを、そして足17のこちらも激ポゼを、足18の合法を、それらをクリアしていくのにそう時間はかからなかった。なお、DP足17の初クリアは一見頭がおかしいように見えるがこれには激ポゼ以外のDP足17を一切触っていないから、という理由がある。この頃はまだPOSSESSIONのためにDDRをやっている、という意識が強かった。

 

SP足18を埋めていく段階に差し掛かった頃にはDDRを通じて知り合った人達の数もかなり増えていた。ゲームを通じて全くの他人と仲良くなっていく感覚は新鮮で、それでいて僕の性に合っていた。今ではどれだけの人と一緒に踏んだか数えられない程にまで交流の輪は広がった。これからもその一つ一つの出会いを噛みしめる気持ちを忘れないでいたい。

そうやって人と人との繋がりを通じて、自分の中でのDDRの価値は少しずつゲームプレーの外へも拡張されていった。DDRが完全に自分のアイデンティティに組み込まれたのもこの頃だ。

 

DDRを始めて8ヶ月ほど経った10月下旬にSP足18埋めは終わった。エクストラ専用曲だったエレクリ鬼は別として。

9月の末日にハデス鬼を倒して足18制覇!と騒いだ翌日、忘れもしない10月1日にトリジャニ鬼が追加されてそこから3週間ほどクリアできずに凹んだものだ。とんだ置き土産である。

とにかくSPのキリが良かったこともあってこの頃からDPのプレー回数が増えていった訳だ。

 

2014年3月以降は写真のデータが残っているので振り返りやすい。iTunes万歳。

 

哲学を突破したのは2014年の9月だった。

POSSESSIONに惹かれPOSSESSIONの為にDDRを始めた僕にとって、それは間違いなく1つのゴールだった。

f:id:risoron_dayo:20190721022019j:image

あの時の喜びは何にも代え難い。哲学突破と同じくらいかそれ以上に嬉しかった事はその後色々あったけれど、その一つ一つが唯一無二の大切なもので、哲学突破はその第一歩として今も僕の記憶に刻まれている。 

 

決して燃え尽きたという訳では無いのだけれど、その後はあまり調子が良くない日々が続いた。

2年近く大きな進歩が無い日々が続き、その分寺とポップンは上手くなった。この頃からパラレボCDPの攻略は始めていたし進捗が無かった訳ではないけれど、やはりクリアには程遠い。

 

そんなスランプは特にキッカケもなく唐突に終わり、2016年の夏頃からはガンガンDP足18を踏めるようになってスコアも狙えるようになってきた。

全然関係無いけどこれはその頃削除直前に一応やった栗林。

f:id:risoron_dayo:20190721005840j:image

普段マベアタは精神衛生上の理由でやらないようにしています。

 

 

そこから先のことはよく覚えていない。

カメラロールを漁ってもDDRのリザルトは少なく、他の音ゲーやったりデュエマやったり身内のオタク達と騒いだりボドゲやったりしてる画像ばかり並んでいる。普通にめちゃくちゃ楽しそうだし青春(?)を謳歌している。

画像は残っていなくともDDRを楽しむ気持ちと上手くなってイキりたい気持ち、その2つの意志を強く持って踏み続けていた。そうしたらいつの間にかオバピリCDPをクリアしていた。その後も金筐体ではしゃいでいると何故かパラレボCDPをクリアする前にDP十段に受かってしまった。思っていた程時間もかからなかったしあれは本当に嬉しい誤算だった。

 

しかしパラレボは残った。DDRというゲームのある意味ラスボスとも言えるRevolutionの名を冠するPARANOiAと真に向き合う時がとうとう来た。

 

DP十段に合格してからパラレボCDPをクリアするまでのおよそ2週間の間、パラレボ以外のことはほとんど考えられなかった。矢印の1つ1つが頭の中を駆け巡り、踏み方の効率化を考え続けざるを得なかった。

終盤の滝を超えて長いフリーズまで辿り着く回数が増えていき、近い内にクリアできるという確信はどんどん膨らんでいった。

 

そしてその時は満を持してやってきた。6月20日PARANOiA Revolution CDPをクリアした。

哲学をクリアしてから実に4年9ヶ月。6年前の自分が遠く夢見た世界にようやく辿り着いた瞬間だった。

f:id:risoron_dayo:20190721021615j:image

 

クリアの直後は感極まって待ち椅子に座っていたやっしゅパイセンに抱きついてしまった。普通に考えればゲーセンでいい匂いもしない汗だくの男にくっつかれていい顔をする人はほぼいないと思うが、彼はちゃんと満面の笑みで抱き返して一緒に喜んでくれたし上に貼った写真も撮ってくれた。感謝しかない。

汗を流しながら喜びを分かち合って抱き合うその姿は完全にスポーツのそれだな、と思っていたが近くを通りかかった女子高生らしき一般人はUMAか何かを見る目でこちらを見ていたので周りにはそう見えなかったらしい。無念。

 

パラレボ突破のこの上ない晴れ晴れとした気分はその日の内に轟轟轟の殿堂発表で台無しにされてしまったが、この1ヶ月をかけて少しずつ成し遂げたんだという実感は湧いてきた。

f:id:risoron_dayo:20190721023034j:image

(赤単限定でいいから轟轟轟を返して)

 

DDRを始めた頃の、クリアできる曲が増えていくのが楽しくて仕方がなかった自分に何かを伝える事が出来るとしたら何を言うだろう。

「そうだ、クリアできる曲が増えるって最高だぞ。とにかく目の前の譜面を楽しんで、そうやって進み続ければいい。その内もっと楽しくなる」

でもきっと高校生の僕なら、

「言われなくても分かってる」

なんて偉そうに言いそうだ。そう、僕の根本はあの頃から何一つ変わってない。

 

 

 

一先ず当時のDP足19は全部クリアした。僕は一つのゴールに辿り着いた。

パラレボは通過点ではなく、間違いなく到達点だ。僕の6年間の集大成だと断言していい。

 

けれどもちろんまだ終わりじゃない。この6年間の間に足19は増えた。オバピリはともかくエゴとENDYMIONを突破する道筋は今の僕にはさっぱり見えていないし、DP皆伝というヤバ過ぎる場所まで現れてしまった。

上等だ。ここまで来たからにはその世界にも辿り着いてやる。クリアする喜びをまだまだ追い求めてやる。

 

だから改めて決意表明をしよう。6年前の自分が無謀にもそうしたように、今の自分も無謀でいよう。

 

「俺は今と未来のDP足19を全部クリアする。DP皆伝も突破する。そしていつか現れる19のその先まで、老いて足が動かなくなるその時まで走り続ける」

 

 

 

 

 

 

いやー言っちゃいました^^;

 

 

 

 

 

………後が続かない。当時の自分はここからどうやって文章を組み立てたというのだろうか。当時のページが残っていない以上真相は闇の中。

 

まあとにかく今後も楽しくやってくからみんなこれからもどうぞよろしくねってことで。

 

…〆れたよね?はい、じゃあおわりおわり。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

以上、長々とした自分語りでした。

自分語りを書き起こすのってひたすらネタを詰め込んだ文章書くより難しいですね。普段は読みやすさを第一に考えて重要な部分以外をガンガン消していくんですけど、なにせ自分語りなぞ全てが重要じゃない部分なんで推敲中危うく白紙にしかけました。

 

さて、次回予告みたいなものですけど、以前言ってた「わくわくするような記事」についてはすみません、進捗が終わってるのでまだ時間かかりそうです。クオリティも壊滅しそうなんで期待せずに一旦忘れて下さい。

それとは別で8月中に出せそうな変な記事の案が一個あるんでそれも期待せずにお待ち頂ければと思います。

 

 

 

それじゃ今日は7月21日なのでオナニーして寝ます。また次の記事で。

さよなら"轟轟轟"ブランド

※この記事は新殿堂発表前に轟轟轟ブランド殿堂を見越して書いたものです。轟轟轟以外についても殿堂入り/解除を予想した上で書いているので実際の発表とは異なる可能性があります。ご注意下さい。

 

f:id:risoron_dayo:20190619230847j:image

 

こんにちは。自称赤単轟轟轟の申し子、りすろんです。

残念ながらこの度の新殿堂発表で轟轟轟ブランドの殿堂入りが決定してしまいました。ブラックサイコを殿堂入り直前に4枚買ってしまった時の5倍くらいショックで胸が張り裂けそうです。

主な原因は言うまでもなく赤白轟轟轟でしょう。やはり赤単以外でもあまりに手軽に使えてしまう汎用性が災いしましたね。赤単使いとしては輪と天力の殿堂で許して欲しかったという気持ちしかありませんが、この辺はTCGの宿命ですから諦めるしかありません。

今回はそんな僕と轟轟轟の思い出を振り返る記事を書いていこうと思います。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

轟轟轟ブランドが登場したのは僕が赤単tクロックの脳筋ビートジョッキーでCS優勝を果たした直後でした。こいつはやべえやと慌てて肉汁を4枚買い揃えたのが懐かしく感じられます。

 

その後はたまにCSに持ち込んで†や卍にしばかれたりしていましたが、やはり印象深いのは昨年の10月に開催されたGP 7thでしょう。予選全8回戦を6勝2敗という好成績で駆け抜けてくれました(2敗は両方白零鯖でした)。オポの都合で199位と決勝トーナメントには届きませんでしたが、対戦相手に恵まれたこともあって非常に満足度の高い良い大会になりました。

f:id:risoron_dayo:20190619232422j:image

 

 

その後は僕の金欠が悪化して自然文明を収入源にせざるを得ない状況まで追い詰められた上、DDRのモチベがブチ上がっていったのであまり頻繁にデュエマを触ることはなく今に至ります。

f:id:risoron_dayo:20190620094544j:image

(収入源の一例)

 

デュエマをやる機会こそ少なくなりましたが、僕にとって轟轟轟が大切な相棒だったことには変わりありません。今後は殿堂ゼロデッキでちんぽシコールと一緒に穏やかに過ごして欲しいなと願っています。

お疲れ様、それからありがとう。そんな言葉をかける事が今の僕ができる精一杯です。

 

 

ついでなので他の殿堂入り/解除したカードにも触れていきましょうか。

 

 

〜殿堂入り〜

奇石ミクセル

f:id:risoron_dayo:20190619233357j:image

ミクセル死にましたね。テキストで言えば妥当な殿堂入りですがGPプロモになったばかりだったので少し意外でした。

僕としてはハエタタキを両手に構えて乱舞する必要が無くなったので助かります。

 

Dの牢閣 メメント守神宮

f:id:risoron_dayo:20190619234031j:image

今回の殿堂で一番妥当なカードですね。流石にDスイッチが強過ぎました。

CSメメントは度々お昼ご飯代になってくれたので今でも感謝しています。

 

ガヨウ神

f:id:risoron_dayo:20190619234523j:image

とうとうジョーカーズからも殿堂入りカードが出ました。僕は「ハンドをどれだけ増やされようがそれを使われる前に殴り切れば関係無い」というスタンスなのでガヨウ殿堂はあまりピンと来なかったのですが、ジョラゴンの処理をややこしくしていたことも考えると仕方ないような気もします。

 

水上第九院 シャコガイ

f:id:risoron_dayo:20190619235255j:image

エクストラウィンの条件がいくらなんでも緩すぎましたね。1枚だけなら盾落ちケアも含めて丁度いい強さになるんじゃないかと期待しています。

僕はこれをパックから引いたことがあるのですが、「顔も見たくないから」という理由で初動の1枚500円で売ってしまいました。後で泣きました。

 

〜プレミアム殿堂入り〜

ヒラメキ・プログラム

f:id:risoron_dayo:20190619235528j:image

ヒラメキウォズレックの寿命短かったですね…

わぁい、コンボーなんて軽いノリでソリティアされたらたまったもんじゃないですし、今後は是非ともヒラメキニコルで暴れ頂きたいところです。

 

〜殿堂解除〜

バジュラズ・ソウル

f:id:risoron_dayo:20190620000153j:image

お  か  え  り

前回殿堂解除読みで4枚揃えておいたのですが、結局放置されて膝から崩れ落ちました。

上手いこと紫電と組み合わせたいんですけどコストが重過ぎてどうにもこうにも。どうにかなりませんかね?

 

パラダイス・アロマ

f:id:risoron_dayo:20190620000353j:image

これまた懐かしいカードですね。サイバー軸の速攻がまた流行ってくれると面白くなるだろうなと期待しています。

今じゃエメラル!アロマ!アロマ!アロマ!アロマ!しても僅か3コストでゼンメツーさせられる悲哀。

 

カラフル・ダンス

f:id:risoron_dayo:20190620000746j:image

カラフルナスオの存在を考えるとこれが帰ってくるのも納得ですよね。カラナスのビジュアルがあまり好みでは無いので今後はこっちを使っていこうと思います。

墓地を肥やして《深淵より来たれ、魂よ》でヘヴィデスメタルを揃えるデッキを組めないかなーと思っていたところなので丁度良かったです。ちんちん?たまたま?なにそれ食えるの?

 

 

〜最後に〜

例え切札を使えなくなっても長期間デュエマができなくても、僕がデュエマのことを好きでいる気持ちに変わりはありません。とは言え握るデッキが無くなったんじゃどうしようも…

 

 

 

 

 

f:id:risoron_dayo:20190620001341j:image

まだこいつがいましたね。僕の脳筋ビートジョッキーはもう少し現役を続けそうです。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

※ここまで妄想

 

 

 

(追記)

マジで轟轟轟殿堂しましたね。マジでBADに泣きました。