りすぐだ2

更新したりしなかったりします

CSで先攻1キルされた話

先日…具体的には7/20の火曜日のことだ。自分は大阪某所で開催されるCSへ赴き、久々に【赤単ブランド】をぶん回してやろうと意気込んでいた。

CSへの参加は実に8ヶ月振りであり、大阪に足を踏み入れるのもその時以来だ。出歩き辛いこの時期に平日開催のCSがあるのはありがたい。

 

CS参加が8ヶ月振りとは書いたがその時に使ったのは【青魔導具】であり、最後に【赤単】を握ったのがいつだったかは最早覚えていない。コロナ禍でCSに足を運び辛くなったのはもちろんだが、そうでなくとも【ヨミジループ】や【ギャラクシールド】が蔓延る環境は敬遠せざるを得なかったのだ。

 

もちろん自分はブランドが好きだ。共に戦えるチャンスさえあれば、マジでBADな激しく熱い勝負がしたいとずっと思っていた。

そして今がその時だ。気持ちが昂る。

 

そんな大切なCSの前夜。最終調整、デッキシート作成、持ち物のチェックなど色々とやる事がある中、自分は…

 

 

 

罪と罰の振り付けを覚えようとしていた。

 

f:id:risoron_dayo:20210724000608j:plain

 

 

いや、だって仕方ないじゃん。神戸周辺のダンエボ全滅しちゃって大阪にでも行かないとエボ出来ないんだもん。あの曲大好きなのよ。

f:id:risoron_dayo:20210723205847j:image

(Sweetiex2を返して)

 

 

 

前置きがクソ長くなってしまったが、ここからは実際の試合を振り返っていこう。

今回の大会ではスイスドロー5回戦の予選ラウンドで選出された上位8名が本選へ進めるのだが、参加人数の都合もあって4勝1敗でもオポ落ちが発生する非常にシビアな条件だった。

つまり、初戦で負けてしまえば例えそこから4連勝しても上位入賞は絶望的であり、この最初の一戦が最も勝たなければならない勝負という訳だ。

 

 

予選一回戦。

こちらはオリジナルのデッキをそのまま持ってきているので超次元は無い。超GRにはブラフとして《チューチョロ》12匹をご用意している。

対する相手は次元ナシのGRアリ、そして場にいるドキンダム。

 

……ドキンダム?

 

真っ先に考えたのは【レッドゾーン】系統のデッキだが、それなら次元が無いのは妙だ。仮に《キルホール》が入っていなかったとしても、ブラフとしてギャンパレ辺りは用意するだろう。

それなら【赤単ブランド】だろうか。《轟轟轟》のヒット率を上げる為にドキンダムを使うのは今でも検討出来る選択肢だ。

一応、【ダーツデリート】の可能性もなくはない……が、《ドルファディロム》が睨みを効かせる今の環境にダーツを持ち込むイカれ野郎は流石にいないだろう。

 

という事はミラーか。初っ端から熱い勝負が出来そうだ。

じゃんけんにはしっかり負け、そして試合が始まった。

 

先攻1ターン目。

先手は取られたものの初手は3キルに必要なカードが揃っており、自分の脳内では早くもPOSSESSIONが流れ始めていた。これもう勝ち確じゃねえか!

相手は少し考え、そしてマナゾーンにカードを置いた。

 

 

 

f:id:risoron_dayo:20210723220926j:image

 

 

 

f:id:risoron_dayo:20210724014731j:plain

 

 

 

なんてこったい、【ダーツデリート】じゃないか!とんだイカれ野郎と当たっちまった!

しかも《サークル》を埋めたって事は、恐らく手札にはもう一枚の《サークル》、あるいは……

 

捻られる白マナ。

不条理を司る黒ひげが解き放たれた。

 

 

 

f:id:risoron_dayo:20210723220941j:image

 

 

 

f:id:risoron_dayo:20210407154853j:plain



 

溜息が零れた。天を仰いだ。

どれを選んでも同じ事、自分にそう言い聞かせて直感で右端を選ぶ。

 

脳内に響くBGMはいつの間にかPOSSESSIONからMAX.(period)に変わっていた。

 

 

 

「《オールデリート》を撃ちます」

 

f:id:risoron_dayo:20210723221013j:image

 

 

 

周囲のどよめきが、聞こえた気がした。

 

 

 

〜完〜

 

 

 

 

 

すいません、書きにくいのでですます調に戻させて下さい。

 

あの試合、対戦自体は30秒で終わったんですけど、そこから面白い話に繋がったので結果的に非常に楽しい一戦だったと思います。

単純にCSで先1ダーツデリート喰らって負けた!って話がネタとして美味しいのもありますしね。

他にも色々ありましたがキリがないので今回はこの辺で。

 

何はともあれ、この日はそんな充実感と温かい気持ちを抱えながら帰途につきましたとさ。

 

 

 

 

 

なお、時間配分ミスってダンエボは出来ませんでした。

皆さんも時短営業にはお気を付け下さい。

 

ではまた。